ハウスメーカー選び セキスイハイムで家づくり

セキスイハイムでグランツーユーを建てたマイホーム建築記録と
そのグランツーユーで住む上で実践している地球と家計に優しいエコライフをご紹介します。

| HOME | 家づくり | ハウスメーカー選び |

Last Update : 2009-09-26

ハウスメーカー選び

初めての住宅展示場

  • 2005年10月23日初めて住宅展示場を訪れました。
  • 受付で個人情報をGetするために書かされるアンケートに回答し、まだ1歳1ヶ月の子供たちを託児スペースで預け、いざ入り口近くのミサワホームへ。
  • 展示場は初めてということを伝えると、基本的な家の工法などわかりやすく説明していただきました。
  • 子供たちのミルクの時間があったので、結局始めての住宅展示場めぐりはこの1件だけで終了。この日以来、展示場に行く時は子供たちを実家に預けることに決めました。

訪れたハウスメーカー

  • 展示場見学はミサワホームにはじまり、積水ハウス、大和ハウス、セキスイハイム、パナホーム、一条工務店、エスバイエル、サンヨーホームズ、地元工務店などなど、とにかくいろんなところを回りました。
  • いろいろなハウスメーカーを訪れているうちに、オール電化をするならぜひ太陽光発電も載せたいと思うようになり、必然的にセキスイハイムや積水ハウス、大和ハウス、パナホームといったある程度実績がありそうな大手メーカーに絞り込んでいきました。

セキスイハイム(ツーユーホーム)に決めた理由

  • そんな中最終的にセキスイハイムに決めた理由は、まず初めて展示場のグランツーユーを訪れた時のこと。
  • その日は工場見学会があるということで営業さんが全員出払っていました。受付してくれた女性の方(後にインテリアを担当していただくことになったAさん)にとても丁寧に案内してもらい印象がとてもよかったことが1つ。
  • その後工場見学から帰ってこられた店長さん(営業担当のTさん)とも非常に話がしやすく、土地探しのために何度も一緒に見に回ってくれたりと、信頼できそうな雰囲気でした。
  • さらにセキスイハイムは太陽光搭載件数№1だし、ユニットが工場で生産されるため品質のばらつきが少ない。さらにユニットの据え付けも1日で完了するため雨に降られる危険性も少ないということも大きな理由でした。

グランツーユーに決めた理由

  • 私たちが家に求めたものは見た目どうこうということよりもまず耐震性に優れているかどうかということと、快適な生活が送れるかどうかということでした。(とはいえ当然ながらグランツーユーの外観が嫌いというわけじゃないですよ)
  • 耐震性については木質系住宅ではありますが、2×6工法であるため非常に高い耐震性を持つ躯体だということがわかりました。
  • また、高い気密性、断熱性であり、その気密性を生かした空気工房という第1種換気システムが採用されていることも大きな魅力でした。
  • まさに私たちが望む耐震性と快適性を満たす家だったわけです。

ブログの関連記事 (ここをクリックすると開閉します)