内装工事について セキスイハイムで家づくり

セキスイハイムでグランツーユーを建てたマイホーム建築記録と
そのグランツーユーで住む上で実践している地球と家計に優しいエコライフをご紹介します。

| HOME | 家づくり | 内装工事 |

Last Update : 2009-09-26

内装工事

  • 据付完了から数日後、ついに大工さん1名が登場。見た感じ職人気質風な渋いおじさん。まずはじめは工場から届いたユニットには4方の耐力壁以外の壁ができていないので、その壁を立てるところから始まりました。
  • どんどん石膏ボードも張られていき、廻り淵や巾木、カーテンボックス、フローリングなどの作業が行われていきます。
  • さらには扉や階段手すり、作り付けのFAX台、寝室のパソコン用カウンター机なども取り付けられていきます。
  • 大工さんの作業が一段落すると今度はクロス屋さんによるクロス張りが始まります。クロスを張る前の施工ボードが見えている状態だとまだまだ部屋という雰囲気がしないんですが、クロスが張られると雰囲気ががらっと変わります。
  • クロスが張られるとまたまた大工さんの登場で、クロス張りが終わった後にしかできない作業をされていきます。
  • また、電気屋さんやカーテン屋さんも登場し、手配してもらっていたカーテンやエアコン、照明機器が取り付けられていきます。
  • 当初の予定では棟上げが10月7日に行われて、引渡しが11月25日でその間50日間しかない。他の周りの家を見渡してもみんな60日前後で、わが家が極端に短いようです。
  • で、案の定恐れていたことがおきるわけですが、これはまたトラブルのページで詳しく書くことにします。
  • 内装工事に関しても、ブログのほうを時系列に読んでいただくとわかりやすいと思います。

フローリングが張られていますカーテンボックス取り付け中洗面、トイレへキッチンダウンライト穴
FAX台作り付け作り付けのパソコンスペース用カウンターデスク子供部屋社内検査の付箋

ブログの関連記事 (ここをクリックすると開閉します)